MENU

婚活で始めてデートした男性に好印象を与えるお礼メール

婚活で会ってみた男性が好感触で、是非このままキープしたいと思ったら、会った当日のうちに行動を起こしましょう。
単なるお礼メールをぐっと相手に印象付けて、お付き合いという流れに乗せてしまうような内容で送ります。

 

1. 「デートした」ことを印象付ける

 

男性に「デートした」という既成事実を刷り込んでしまいましょう。
「今日のデートはとっても楽しかったです!」ということで、「自分達は付き合っているんだな、簡単に別れられないな」と思わせるようにします。
日本ではデートは恋人同士がすることというイメージですので、押し通します。

 

2. デート中の話題や、気が付いたことを書く

 

短くて構いませんので、デート中に一番楽しかった話題は何かを思いだして書きましょう。
また、男性の仕草や話の中で、良いと思ったことを褒めてあげましょう。
男性が自分のことをちゃんと見ていてくれたんだと、あなたに対して感動するようになります。

 

3. 男性を名前で書く

 

会話の最初に、「○○さんと会えて・・」「○○さんが教えてくれた・・」など、男性の名前を入れるようにするとより男性が親しみを持ってくれます。
日本人は主語がなくても会話が通じてしまうのですが、この場合はフルに主語を入れましょう。

 

4. 彼のお勧めスポットに行きたいと書く

 

デート中に彼が話してくれた有名スポットやレストランなどを覚えておき、「是非今度△△に連れていって下さい、楽しみにしています」と送りましょう。
ここまで書けば「いつにしましょうかね?」という返信が来るでしょう。

 

終わりに

 

長い文章を送る必要はありませんが、あなたが男性に興味を持ち、もっと良く話したい、という気持ちが伝われば良いでしょう。
今日会ったばかりで何をそんなと思うかも知れませんが、ここでしっかり手抜かりなく行動する女性こそ出会いをゲットできるのです。